自己破産者は融資を受けられるのか

自己破産者は融資を受けられるのか

様々な理由で自己破産をしてしまった場合、借金はなくなるとはいえデメリットはたくさんあります。
金融機関が審査を行う時に利用する信用情報会社には、自己破産者になったことが5〜10年は残り、クレジットカードなどが使えません。

 

信用情報会社に自己破産者であることが残る状態が俗にいうブラックリスト入りで(ブラックリストというリストはありません。データとしてのこることになります。)、
この状態ではキャッシングが利用できません。
社会的な信用を犠牲にして借金を0にするのが、自己破産者の状態であると言うことができます。

 

7年が法律で定められた期間ですが、それ以後も審査のハードルは上がるでしょう。
ヤミ金融でなければ、自己破産者に融資をするような金融機関は存在しないようです。高い金利で融資を行う闇金融のような会社でなければ、自己破産者への融資は行わないのです。

 

自己破産をすると何年も住宅ローンはおろか車のローンさえ組むことが難しい状況になってしまうのです。
自己破産者になるのは最後の手段として、融資の返済ができないかを優先して考慮する必要があるでしょう。

 

公共の相談所に言って、融資の返済について助言をもらうこともできます。
一回でも自己破産者の経験がある人は、再び自己破産者にならないように気をつけることが大事です。
家族や親しい友人、連帯保証人などを巻き込んで自己破産者になっているということを肝に銘じましょう。

 

融資を利用しすぎて、自己破産者になるということがないようにしましょう。

 

審査の甘い消費者金融ならココがいい。.http://www.liuhemen.org/