自己破産者は融資を受けられるのか

破産者の事業融資とは

破産者が事業を起こしたいと思ったときに融資を受ける方法はあるのでしょうか。

 

一度破産をしたことがある人が、何らかの理由でローンを利用したいと考えても、審査の段階で融資を断られがちです。
会社経営がうまくいく見通しが立っている時は事業資金が借りやすくなりますが、それはその会社の事情の他にも、国の経済状況や為替相場などとも関係します。

 

事業融資に対しては、仕方のない理由で自己破産をしたというケースでは融資OKなこともあります。
金融機関によっては、以前に自己破産を経験している人でも、会社がうまくいっていると認められれば融資を行ったりもします。

 

闇金融以外の金融会社でも、条件次第で破産者に融資をすることがあります。
破産者事業融資の場合金利が高くなるのは仕方ありません。
話のもっていき方によっては、金融会社に条件を見直してもらうこともできます。

 

破産者への事業融資が認められているかどうかを知るために、実際に融資を受ける前に都道府県や市町村の窓口に行ってみるといいでしょう。
一度破産したことがあるならば、より慎重に完済プランを立ててからお金を借りることです。

 

確実に返済できる金額がどのくらいかを判断して、現実を見据えて融資の条件を決定することが大事です。
時には破産者が融資を受けるということは回避して、社内の取り組みで状況を改善できる手段はないか検討することも大事ですね。